スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

いのち。

nyann-1_convert_20081028130148.jpg
僕が小学4年生の時、
飼っていたウサギが死んだ。
そのコは「クリちゃん」という名前だった。
母から学校に緊急の連絡がきて、
僕は職員室でその電話を受けた。
子供ながらに僕はそのコを大切に可愛がっていたから、
少しでも早く「クリ 」に会いたくなって、
その旨を告げて「早退させて下さい」と先生に言った。

...だけどその時の先生は...
「たかがペットの事などで」と、
その理由を受け入れなかった。
結局僕は5時間目まで授業を受け、
家に帰った時には、
もう冷たくなって、
静かに横たわるクリを見る事になった。

それは間違いなく、
「ついさっき」まで呼吸をしていた"何か"だった。
長い時間を一緒に過ごした中の、
たった数時間、たった数分でもよかった。
そんな少しの時間の不在を
なぜ許してくれなかったのだろう?

あの時、僕にクリの死ぬ間際を見せようと、
学校にまで電話をしてきた母の判断は間違っていなかったはずだ。
今でも僕はそう思う。


あれから随分の月日が流れて、
僕は新しいペットを飼い始める事となる。
そいつはいつも僕の足を引っ張り、
「虚無」という言葉を象徴するような、
破壊的で破滅的な動物だった。

大量に飲み干したお酒と、
大量に飲み干した睡眠薬。
バケツ一杯にためられていたお湯と、
右手に握られていた包丁。
そんな風に目覚めた朝があって、
ようやく僕が飼っていたペットの名前が分った。


「暗闇」


それは親友でも、家族でも、
僕自身でも分らない深い深い「闇」だった。
あの朝に感じた恐怖、畏怖、違和感、絶望感。
底の無い暗闇の淵を初めて覗き、
その傍らで僕は大人になった。
そいつは今でも僕の世界の隅に居座って、
息をひそめて待っている。
僕がまた狂う日を。僕がまた砕け散る日を。
それと戦うように、
それに負けないように、
僕はずっと生きてきた。

正直に言えば、
ここ数週間そいつがまた手招きをして、
僕を暗闇の奥へと誘っていた。
光のひとつもないその場所は、
予想以上に恐ろしい。
僕はできるだけ世界との接点を断ち切った。
必然的に増えてゆく薬の量。

「何も求めないから、何も奪わないで。」
何も感じずに、感じないように、
布団にくるまって毎日をやり過ごす事だけが、
僕にできる唯一の方法だった。

「消えたい」という気持ちが「消えない」
...一日が途方も無く長く感じる。

その病んだ心の動物は、
隙を見せると「あっ」と言う間に全てを飲み尽くす。
飼いならす事もできない、僕の中の「怪物」だった。
それと戦うように、
それに負けないように、
僕はずっと生きてきた。


東京はいつまでたっても
僕にとっては息苦しい街だ。
ちょうどLIVEもなかったし、
新曲も書き始めたかったから、
実は少し環境を変えて、
引っ越そうと考えていた。
場所も決まり、荷物も梱包して、
契約もほぼ終えていた。
僕が行こうと思っていた街は
「神奈川県中郡大磯町」
徒歩3分で海に出れる素敵なマンションだった。

「ここならいい曲が書けるかも」
「ここなら一人で頑張れるかも」
「ここなら...闇は追ってこないかも」
ギターをかかえて海に行こう。
少しだけ気持ちがウキウキしていた。

そう思ってた矢先に、母からの電話があった。
それは前入金をして、
本契約をする二日前だった。
母の重たい口調から、
僕はとっさにウサギの事を思い出した。
nyann-2_convert_20081028130639.jpg
...ウチの愛猫「にゃん」が死ぬらしい。
末期の癌で、余命は長くて一ヶ月と宣告された。
手術はよけいに「いのち」を削る事になるから、
家でゆっくり、"その日"を待つことが最良だと医者に言われた。

それを聞いた後、
僕はすぐさま契約書を破り捨てて、
キャンセルの電話を入れた。

行き場所?
暗闇?
鬱病?
怪物?
そんなの知るか。
「たかがペット?」
今回そんな言葉は誰にも言わせない。

そのくらい僕は「にゃん」に救われてきたし、
いつもはツーンとしてるのに、
僕がヘコんで帰ってきた時に限って、
何気なく足下で寝てくれたりする様な、
本当に優しいコだった。

あのコは昔からちょっと不思議な...
超能力のようなものを持っていたから、
このタイミングで来た連絡に、
思わず「にゃん」らしいなと思った程だった。
 
あのコはきっと、自らの「死」と引き換えに、
僕に何かを伝えようと、
母の口を借りて電話してきたに違いない。
それとも「最後くらいは一緒にいようよ」って、
単純なメッセージだったのかも知れない。
とにかく僕は行き先を実家に変えて、
それからずっと...今は「にゃん」のそばにいる。
S-13_convert_20080716004737.jpg
コツコツと曲を作りながらも、
常に傍らにいてもらってる。
あのコの為に一曲創ろうとも思っている。
ふと気がつけば、
「暗闇」も「怪物」も、
どこか遠くへ行ってしまっていた。

ねえ、にゃん。
どうして僕を呼び寄せたンだい?
最後に何を伝えたいンだい?
もしかしたら。
僕の痛みを代わりに引き受けてくれようとしているのかい?

「にゃん」は死ぬ。
僕はいきる。

それをしっかり見届けたあとに、
僕の中の何かが確実に変わると思う。

「にゃん」は死ぬ。
僕はいきる。

でもね。
少しづつ痩せていく銀色の背中をなでる度に、
どうしようもなく涙が出る。
...優しい痛み?
今は分らない。

でもね。
涙が止まらない。
どうしようもなく、
止まらないンだよ。
スポンサーサイト
14:12 | my routine life | comments (28) | trackbacks (0) | page top↑

羽。


Shu-ka2.jpg
「ドタドタドタドターッ!!」
「ちゃーーーーちゃん!!」
「・・・・・・?」
「おきてーーーー!!!!」
「・・・は、はやいー・・・」
「おーきーてー!!」
「うう、9時半からだろー・・・」
「ねーねーねー!!」
「お日さまキライ・・・」
「うーそーだー!!」
「やめてー、あ、ふとんー・・・」
「おーきーろー!!」
「やだーやだー・・・」
「今日はうんどうかいでしょ!!」
「さぶいーさぶいー・・・」
「ふぬー!!」

『バキッ!!』

「ごあっ!!」
「かいてんパーンチッ!!」
「マジいってえ...このやろう...」
「ちゃー、おきたかー!!」
「・・・・・」
「ちゃーすけ?」
「むがーーーーーっ!!」
「さきいってるよほー!!」
「ドタドタドタドタ...」
shu-ka3_convert_20081014025253.jpg
子供達は無邪気に駆ける。
走って、飛んで、羽が見える。
太陽が笑ってる。
だからみんな、つられて笑う。

子供達は無邪気に駆ける。
跳ねて、回って、未来が見える。
ぐんぐんぐんぐん遠くなる。
なぜか少しだけ寂しく思う。

最後のリレーでしゅうかは転ぶ。
砂埃の中に倒れ込む。
「がんばれっ!!」
思わず僕は叫んでしまう。
すぐさま彼女は立ち上がり、
次のコへとバトンを運ぶ。

すり傷なーんか大丈夫って、
照れくさそうにピースサイン。

子供達は無邪気に駆ける。
走って、飛んで、羽が見える。
太陽が笑ってる。
だからみんな、つられて笑う。
雲がのんびり眺めてる。
だから僕も、つられて笑う。
shu-ka8.jpg
先日は姪っコ"しゅうか"の運動会でした。
年長さんの彼女にとっては、
これが保育園最後の運動会。
当たり前の事だけど、
僕にとっても「6才のしゅうか」は一度きり。
だからなるべく大切な日は、見届けていたいと思う。
「バカなちゃーちゃん」と思われたって(笑)
彼女が笑ってくれたら、それでいい。

来年も見に行こう。
その次も、その先も。
shu-ka9.jpg
shu-ka1.jpg
shu-ka7.jpg
shu-ka4.jpg
shu-ka6.jpg
しゅうかの「回転パンチ」は破壊力バツグンです。
...教えたのオレだけど(笑)
04:37 | my routine life | comments (9) | trackbacks (1) | page top↑

~FROZEN TIME~ (とある3人の男女の会話)


AIRODO-1_convert_20081011062100.jpg
僕が幼少の時からあるそのお店は、
木造平屋の古めかしい作りの外観を覆うように
縦横無尽に蔦が絡まっていて、
「水色コース」を帰り道にしていた小学生の間では
『オバケ屋敷』と呼ばれていた。

あれから随分の月日が流れた。
鼻にツーンとくるウイスキーの香りや、
カウンターで談笑する人々の笑い声。
今では当たり前の光景だけど、
15才で初めてそのお店を訪れた僕にとっては
全てが見た事もない、新しい世界だった。

僕は精一杯の背伸びをして、
まだ慣れきってもいないタバコを格好よく吹かし、
まだ飲んだ事もない銘柄のBeerを注文した。

中学卒業と同時に社会に放り出された僕にとって、
自分の『居場所』とは無きに等しかった。
「真新しい世界、まだ覗いた事のない世界」
そんな若干の好奇心と、
大人と子供の狭間で揺れ動いていた気持ちが、
この店のドアを開けさける唯一のキッカケだったと思う。

その日、そのドアを開いてからもう20年近くが経った。
今でもそのお店は僕にとっては変わらない、
実家に帰れば必ず立ち寄る心地いい『居場所』だ。
どんな高級レストランよりも特別な意味を持った、
心の和む場所。秘密の基地。
000389_convert_20081011062030.jpg

「ちわー・・・」
「おっ。久しぶりー。」
「へへへ、お久しぶりです。」
「いつ帰ってきたの?」
「ん、ついさっき(笑)」
「さっきか?ハハッ。」
「...ちょっと早いけど、いいっすか?」
「もちろん!そこ座んなよ。ビール?」
「あー・・・んじゃ、コロナで。」
「あれっ!!サトシ君!?」
「ありゃっ。姉さんもいたの!?」
「今日バイト君が休みでねー、
ヘルプよ。ヘルプ。
ホラ、あたしも一応この人の嫁じゃない?」
「一応って...(笑)」
「アンタなんで突然帰ってきたのよ?」
「なんでって...(笑)」
「まだガチャガチャやってんの?」
「...姉さん相変わらず変わンないっすね(笑)」

「ほい、ビール。」
「どもっ。」
「それにしても久しぶりだねーっ。」
「うん。まさか今日姉さんがいるとは思わなかったケド。」
「とりあえず乾杯しよーよっ。」
「...姉さん、営業始まったばっかでしょ...?」
「いいの、いいの、お帰りなさーい!!」
「マスター・・・これでやっぱり5時、6時?」
「まあ...いつもの事だから(笑)」
「サトシも人の事言えないでしょ?」
「あははっ。そりゃそーですネっ。」

005_convert_20081011061913.jpg

~FROZEN TIME~
そんな映画を観た。

002_convert_20081011061833.jpg
意図的なのかそうでないのか、
このお店にある幾つもの壁掛け時計は全て止まっている。
ふと、少し古びた店内を見回すと、
どこかで15才だった僕の面影が垣間見える。
どんなに年齢を重ねても、どんなに大人ぶっても、
マスターや奥さんの記憶の中では、
あの頃の僕はあの頃の僕のまま、フリーズしているのだろう。

「あのコどーしてる?」
「あのコって...?」
「ほらー、ママちゃんよママちゃん、どっかのお店の」
「姉さんさ、いっつもそれ聞くよね(笑)」
「だってインパクトあったじゃない!」
「ふう...そんなん時効だよねえ、マスター。。」
「ははは。」
「じゃあさ、あのコは?なんって名前だっけ?ホラ...」
「姉さん、シャラーップ!!」

「サトシ君今年で32になったンだっけ?」
「うん。こないだのワンマンも○○さん来てくれてて。」
「良かったって言ってたよ。サトシ頑張ってんなーって。」
「オレすぐステージから見つけてね、ああ、来てくれてたって。」
「アンタもう32!?うそー!!あのガキンチョが!!もうオッサンじゃん!!」
「...姉さん、頼むからシャラップ...」

まったくこの二人には逆らえない(笑)
僕の10代からの明も暗も唯一知っている人達だし、
僕が付き合ってきた彼女も全員知ってる(笑)

NZに旅立つ日、デビューが決まった日、
CDを初めてリリースした日から「夢の最果て」まで。
帰路に立つ度に僕はこのお店にくる。
いくら僕が大人ぶっても、
ここでは15才の生意気な「サトシ」のまま。
...フリーズ。
そんな風に接してくれる事がなにより嬉しい。

会計を済ませて、「ギイー」っと唸るドアを開ける。
外気を吸って、少し冷たくなった空気を感じたとたんに、
再び時計の針が動き出すのが分かる。

前に進むばかりが人生かな?
富や名声を求めるばかりが全てかな?
立ち止まり、振り返る事も時には必要な気がする。
特に僕の様な、不器用な人間にとっては。

埼玉県、入間市の片隅に、
いつでも好きだった自分に戻れる場所がある。
ありのままの自分でいれた瞬間。
無我夢中で夢を追いかけていた自分。
そのままそっとしておきたい過去。

~FROZEN TIME~

ここに来ると、純粋なココロを持ったまま、
大層な夢を掲げて、フリーズしていた自分がいた事を思い出す。
あの頃の僕は確かにここにいた。
少なくとも時間に惑わされないこのお店では、
時間を止めて、永遠に繋がる一瞬を生きる事が出来る気がしていた。

お店の名前は『AIROAD』
もし、近くに行った時には、ぜひ立ち寄って欲しいお店です。
000029_convert_20081011062123.jpg
映画も面白かったよ~っ。
ボクちんまだ実家で休養中...(笑)
06:52 | my routine life | comments (6) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。