スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

蝉の鳴き声が聞こえる。

New-1_convert_20080728080421.jpg
蝉の鳴き声が聞こえる。

蝉の鳴き声が聞こえる。

うたた寝から目を覚ますと、
洗い物をしている母の後ろ姿が見える。

背中には肌触りのいいブランケット。
さりげなく下げられていたTVの音。

風鈴が奏でる涼やかな高音が
ひんやりと耳に響いて心地いい。

閉じたまぶたの裏側に、
鮮やかな光の残像が浮かび上がる。

あの日はとても静かな午後だった。
遠い昔に、幼い僕が見た記憶の欠片。

どこにでもあるような、ありふれた一日を
何故こんなに鮮明に覚えているのかな?
CRW_4814_JFR_convert_20080728082101.jpg  
もしかしたら。
たった数週間で消えてゆく蝉達も、
数秒で夜空に消える打ち上げ花火も、
これから何十年と生きて行くボクらも、
みんな同じ時間軸の上の出来事なのかも知れない。

「永遠」と「一瞬」は紙一重だと思う。
だからそのひとつひとつを、大切に歌います。
New-3_convert_20080728080650.jpg
...夏が来る度に思い出す。
あの柔らかな午後の日差しを。
涼しげな風鈴の音色を。
母の後ろ姿を。
まぶたの裏に映し出された、
幾つもの光の残像を。

蝉の鳴き声が聞こえる。

蝉の鳴き声が聞こえる。

夏がやってきた。

明日のライブ、頑張ります!!
スポンサーサイト
08:33 | my routine life | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
雨上がりの夜空に。 | top | チャーリーズ☆エンジェル(魁!!男塾版)

コメント

# 一瞬のきらめきと永遠の響き
花火大会の後、夏祭りの後、、あんなに楽しかった時間は何もなかったかのように日常に戻っていました。
少女は思いました。
『あの時間は一瞬で終わってしまった』

『楽しい時間には終わりがある』

やがて大人になった彼女は楽しい出来事は一瞬にして消えるとわかり、始まる前から切なくなるのでした。

しかし、ある時、一瞬の後には余韻があって続きは永遠だと思うのです。

ある時=『西沢サトシライブにて』

今日はどんな瞬間が永遠と鳴り響くライブでしたか?
by: 久しく美しくあれ | 2008/07/30 00:26 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/07/29 20:49 | URL [編集] | page top↑
# 一瞬が永遠になる瞬間
その時は、一瞬に過ぎない。
それは、どんなコトでもありえる話。
今、私がこうやってコメントを書いているコトも一瞬。
この『一行』を書いているのも一瞬。

私たちは、常に一瞬の中で生きている。
それを『永遠』というものに変えるか変えないかは、その人自身。
考え方1つで『一瞬』にもなるし『永遠』にもなる。
本当にさっちんの言う通り『一瞬と永遠は紙一重』だと私も思う。
さっちんは、一瞬の出来事を『永遠』に変える自然な力があると私は思う。
そういう点で、『音楽』という分野はさっちんの何もかもを『一瞬』にするものではなく『永遠』へと変えてくれるものだと私は思う。

いつまでも誰かの心に残るっていいよね・・・。
by: ilma | 2008/07/28 18:36 | URL [編集] | page top↑
# なんかキラキラしてますね☆
お昼寝ほど気持ちいいものは無いですよね~(*´∀`)
子供の頃の記憶って今思い出すとキラキラ輝いてるように感じますね(´ω`)

明日のライブ頑張ってください
by: ゆい | 2008/07/28 12:56 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://nishizawasatoshi.blog70.fc2.com/tb.php/46-6943eb0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。