FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

KYとは!?

RH-6_convert_20080814215516.jpg
中村俊輔の『察知力』って本を読んだ。
俊ちゃんは僕と誕生日も一緒だから、
なにかとひいき目で見てしまう傾向があるケド(笑)
今現在の日本人プレーヤーで、
一番世界基準に近い位置にいるという事は
辛口のセルジオさんでも認めざるを得ない事実だろう。

この本はサッカー好きな人でも、そうでない人でも、
「なるほどな~っ」と、
楽しく読める内容になっていますが、
僕が一番興味深く読んだ場所は
俊ちゃんが『KY』について話していた部分。
「オレ初めてそれを知った時、空気が読める人の事かと思った。」
そんな風に語っていた。

そりゃーそうだと思う。
いくら彼がファンタジスタとは言え、
サッカーは11人で行うチームプレー。
その中の一人でも違う方向を向いていたり、
自分本位に振る舞っていたら、
戦術もフォーメーションもへったくれもない。

そうでなくても日本独特の解釈として、
「阿吽の呼吸」や「暗黙の了解」
といった言葉は昔からある。
言語を越えたコミュニケーションが
絶対的に必要とされたであろう海外で
ずっとプレーしてきて、
帰国した時に「あの人KYだからね~」と言われても、
俊ちゃんが勘違いしてしまうのも無理はない。
RH-2_convert_20080814212932.jpg
...前置きが長くなっちゃったけど(笑)
先日、29日のライブ「渋谷KINOTO~心唄~」に向けたリハがありました。
音楽を作り上げるのも、ある意味チームプレー。
そして僕のサポートをしてくれるミュージシャンは、
毎回素晴らしい技術とアレンジ力、瞬発力を持った方ばかりです。

テクニックだけで本当の意味でのプロと言うにはちょっと忍びない。
それよりも現場で大事なのは、
その曲その曲に対するベクトルや、
歌詞に対する解釈や共感、
その場に流れる世界観を共有する事だと思う。

言い換えれば、これも俊ちゃんが言うところの
「察知力」なのかも知れない。

それが絶妙に絡み合えば、
細かいブレスを上手に生かす事も、
リットしてから楽器をミュートする一瞬さえも、
何故かバッチリ「合って」しまう。
RH-3_convert_20080814213257.jpg
...ホントに不思議だ。
当たり前だけど、そこに『KY』なんて言葉はまったく存在しない。
とゆーか「言葉」さえも不要になる時がある。
サポートのみんなが僕の曲をさらに上へと導いてくれる。
そんなやりとりの中で、僕自身の足りない部分や、
「そうくるなら、こう歌います!!」...みたいな(笑)
瞬間瞬間のイメージが見えてくる。

俊ちゃんの本を読んだ後のせいか、
改めて腕一本で勝負してるミュージシャンってすげーなー!!
...って思ってしまった。
毎回そうだけど、今回も気持ちよく歌えそうですっ。
RH-5_convert_20080814213659.jpg
今月29日のLIVEは、色々企画を練り込んだSpecialなイベント。
しかも対バンは一音楽人として尊敬する
伊藤銀次さん(Cloudy Bay 伊藤銀次さん・青木ともこさん)、
田中拡邦さん(MAMALAID RAG)。
Opening Actは、最近レコーディングを一緒にやってるMint Julep。

ヤバス!!
鼻血出してる場合じゃーありません。
ママン...ボク緊張しちゃいそうだよ...
もっと自分に磨きをかけなければ!!
(お肌のお手入れ含む)

お越し下さるみなさんの、琴線に触れる様な歌をもっと追求したい。
僕の表現力で、サポートメンバーに気持ちよく演奏してもらいたい。
何より、このLIVEで自分の存在意義を確認したい。

今回はぜひ、リアルタイムならではの駆け引きや、
ステージでの勝負事に注目して欲しいですっ。
ちょっとしたアイコンタクトで、楽曲は劇的に変わるのだ!!
絶対面白いよ~!!
RH-1.jpg
今回はこのチャーリーズ☆エンジェルでお届けよっ!!
なんか遠足前の小学生っぽいですが...(笑)
最高のLIVEを約束します!!

がおっ!
スポンサーサイト
22:25 | my routine life | comments (5) | trackbacks (0) | page top↑
夏風便り。 | top | 見上げてごらん。

コメント

# 西沢サトシ 様
こにゃにゃちは。
2度目ましてです。

ここ最近、
唄いたい という想いを封印しつつあったワタシ。
なぜに封印するのか・・・考えてみたけど・・・
ふむふむ・・・
そういや理由はないや!と気づいてしまいました。

西沢さんのせいです。
もとい、西沢さんのおかげです。

ライブは生モンです。
わぁ!って感動しても
次の瞬間には、そういえば・・・ってくらい、
すでに遠い記憶に変わるくらい儚いモンです。

夢の中にいるみたいにシアワセな時間にして下さい。
どうかどうか。



by: moco* | 2008/08/19 12:50 | URL [編集] | page top↑
# 最近の言葉は・・・
私たちの時代とは違い、もっと短縮し過ぎていて分からない言葉が多い。
ついには、アルファベットで表現するような言葉まで出てきているのだから、私なんかにはついていけない。

あるアーティストがリハについてこんなコトを言っていた。

『リハはあくまでも土台作り。
本番は、その時の空気や雰囲気、時にはアクシデントを楽しむもの。
その為にも土台はきちんと作っておかないと楽しめるものも楽しめない!!』

と・・・。なんとなく分かるような気がした。
リハは、あくまでも基本を確認するものであって、本番は本番の雰囲気や自分の高鳴り、神様のちょっとしたいたずらを楽しみながらやるからこそ“LIVE(生)”なのだと私は思う。
じゃなかったら、LIVEなんかやらないで録画で十分じゃないかと思ってしまう。
私はそういうのを楽しみに行くものだと思っているが、そんなコトを楽しみにしているのは私だけだろうか??
by: ilma | 2008/08/16 12:33 | URL [編集] | page top↑
#
『察知力』…難しいですよねぇ(・д・`*)
でも音楽をやってる時に言葉を交わさなくても息がピッタリ合った時、1人で身震いするほど感動したりテンション上がったり…あの瞬間って本当に楽しいですよね(*´∀`)

チャーリーズ☆エンジェルでのライブがんばってください
多くの人に『言葉では伝えることのできない感動』を伝えてください(*´ω`*)
by: ゆい | 2008/08/15 11:24 | URL [編集] | page top↑
# KYですか...
友達にKYと聞くと某アカペラバンドのメンバーの名前を出すコがいます(笑)
あれで「空気読めない」と読むなんてやっぱり変ですね(´-ω-`)
人はなんで悪い方の言葉を作るのが好きなのでしょーか。。。


何をするにしてもチームワークって大事ですよね(´・ω・`)
私も今の仕事についてからそれを日々感じています。


ものすごくマニアックな話だと思って今まであまりしてきませんでしたが、私はいろいろな方のライブへ行くようになってからステージ中に感じられる間というか、そういうものが好きになりました。
演奏中は他のメンバーと話せないのにお互いに空気を読んでいて、その後の一瞬のミュートが揃っていたりすると1人感激してしまいます(*´ω`)
29日はその瞬間を私も感じられたらいいな(^ω^)


わわわっ、今回も素敵な天使さん達ですネ(^ω^)(^ω^)←
「ずっとやりたかった対バン」と、西沢さんもボスさんもおっしゃっていましたもんね(´・ω・`)
29日ものすごく楽しみですっ、ウキウキ(^ω^)w


by: ゆみすけ | 2008/08/15 01:46 | URL [編集] | page top↑
# KYに次ぐ
初めて、『KY』を聞いた時、誰かのイニシャルかと思った(笑)
そんなわたしはKYでしょうか?
昔、KYが流行る前に『お前空気読めよ』と年下男子に言われ、『そんなの読めたら言わないさ!』と思った記憶がよみがえってきました…(汗)


『察知力』あ~、なるほど。

見えない伏線と感じる旋律。

29日、楽しみにしております。
by: 久しく美しくあれ? | 2008/08/15 00:33 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://nishizawasatoshi.blog70.fc2.com/tb.php/56-6675243f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。