スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

潜水服は蝶の夢を見る。


sensui_3_convert_20080927064930.jpg
誰の言葉だったかもう忘れてしまったけど、
人は人生で少なくとも一冊は小説が書けると聞いた事がある。

一時間60分を24回まわして、
それをさらに365×平均寿命。
確かにそれだけの時間があれば(笑)
どんなに作文が苦手な人でも、
どんなに日常が退屈だと思っている人でも、
「短編小説」の一冊位は書けるンじゃないかと思う。

テーマに悩む必要はない。
自分自身が辿ってきた、面白くも滑稽な日々の過程を
ただそのまま素直に文章にすればいい。
それは内なる個人世界の物語だから、
決して批評家の文学的な解説など必要のない、
自分自身だけの「ノンフクション」であればいいと思う。

だけど多くの人が、自分の存在意義を
心のどこかで「認められたい」と思っている。
もしくは自分が「何者」なのかと探している。
もちろん僕だってそうだ。

だけど「普通」であるという事に、
何故そんなに恐れる必要があるのだろう?

実家に帰る途中、兄貴の家の横を通り過ぎる。
そこにはいつも、
優しげなオレンジ色のライトに照らされた窓が見える。
僕はそれを眺める度に、何故か涙がこぼれ落ちる。
兄貴の人生における葛藤がどんなものだったか、僕は知らない。
けれど兄貴と随分前に飲んだ時に、
「オレはもう、傍観者だから」と彼は言った。

それはきっと諦めから出た言葉じゃなくて、
兄貴なりの人生の寄り添い方なのだろうと僕は思った。
あの日の言葉は忘れられない。
不思議な程、今でも鮮明に覚えている。

「普通」に生きる事の難しさ。
それを知っているからこそ、
兄貴の家の灯りは温かいのだろう。
「普通」に生きる事の難しさ。
それを知らないからこそ、
僕は涙が止まらないのだろう。

sensui-4_convert_20080927065756.jpg
~潜水服は蝶の夢を見る~
そんな映画を観た。
sensui-2_convert_20080927065558.jpg
深海何千メートルで、潜水服に身を包まれた
身動きの取れない主人公が、蝶の舞う夢を見る。
これが実話だと聞いて、さらに感慨深い気持ちになった。

僕は幼い頃、布団の中で宇宙を創れた。
小さなベッドに手作りの「コックピット」を作って、
目を閉じてから数十分後にロケット発射。
まぶたの裏に映し出される、光の粒子の残像は
僕の意識下の宇宙だと信じていた。

その中で僕は月に行って旗も立てたし、
地上からのびてきた電信柱に腰を下ろして、
水色の惑星を見下ろしたりもした。
アンドロメダ銀河の間近に迫った事だってある。

人間の想像力は本当に無限大だ。
空想の世界では僕はどこにだって行けたし、
何者にだってなれたし、
逆に、
何者で無くもなれた。
あの頃だったら、深い深い海の中でだって、
きっと蝶の羽ばたきを見る事が出来たハズだ。

僕はもう一度見てみたい。
自由自在に宇宙を彷徨う自分を。
大人になるにつれ、
見えなくなってしまった映像を。

潜水服は蝶の夢を見る。
薄黒い海の底で、僕も蝶の夢を見てみたい。
そこはきっと偽りのない世界。
心地よければそのままずっと、
海底に潜ったままでもいい。

やがてまた朝はきて、
「365分の1」が廻りだす。
そんな事は分かってる。

だけどせめてその時まで。
再びまぶたを開く...その瞬間まで。
スポンサーサイト
14:25 | my routine life | comments (5) | trackbacks (0) | page top↑
~FROZEN TIME~ (とある3人の男女の会話) | top | 陽気なギャングが地球を回す。

コメント

# 詞を書く中で。
他の人が作ったメロディに自分の詞を乗せる。その難しさにちょっと立ち止まっていた時、この記事を読んで、ふと少し体が軽くなりました。


個性を大切にだとか、何かに秀でなさいだとか、正直に生きることと現実や評価のギャップだとか...

きっと何かにおいて【特別】であることを世に求められていることに気付くからこそ、【普通】が恐いのかもしれません。

【普通】に生きていると思っても、本当はきっと、自分でも気付かないようなくらい静かに、自分らしさは滲み出ているものだと思いますが...。

大人になる度、知らぬ間に少しずつ増えていくストッパー。

それを少し外して、ゆったりとありのまま流れてみようと思う今日この頃。


【潜水服は蝶の夢を見る】気になっていた映画の1つです。今度観てみようと思います。
by: ひとみ | 2008/10/04 22:07 | URL [編集] | page top↑
# 考えすぎズム

『普通』が難しいと思うのは
自分を『特別』だという優越感なんじゃないの
・・・と、ひねくれてみたり

あたしなんて
明るいのがとりえの
『普通』の女ですよーっ!
・・・と、いぢけてみたり

『普通』の何が悪いの!
と、軽くほえてみたり

そもそも
『特別』も『普通』も
存在しないんじゃないか
・・・と疑ってみたり


あ、もしかして・・・

もしかしたら・・・

『普通』という基準みたいなものがないと
人は『幸せ』を感じられないのかもしれない。

ある意味
人類みな平等は
不可能なのかもしれない

こんなこと思うあたしは
『普通』じゃないのかも・・・









by: moco* | 2008/09/29 13:03 | URL [編集] | page top↑
#
普通の定義って人それぞれなので、なんとも言えないですが、例えば女の自分の場合…
サラリーマンとして毎日働きに出る旦那さんと結婚して、そんなにお金がある訳ではないけれど、毎日ご飯も食べれて。子供も居て。普段は家事と育児とパートに追われ。でも休日は家族とお出かけなんかしたりして。

これを、普通と定義したとします。


正直わかんないす。
こうゆう暮らしを自分が望んでるのか、とか、こうゆう暮らしがなんなく出来る男性を好きになれるものか、とか。
そうゆう自分、まるで想像出来ないんですよね。
イメージはするも、どうにも自分の居心地のいい生き方でない気がしていて。
だからってそうゆう普通の暮らしが悪いかって言うと、全くそうゆう訳ではなく、むしろ憧れもそこにはあって。

要は自分にとっての“幸せとは何ぞや?”って話に繋がると思います。
人にとって、ではなくって自分にとって。

結局は、自分が普通だと思っていることも普通じゃなかったりするし、普通でないと思っていることにも普通は隠れているんだと思います。

で、最終的に自分が幸せになれると思う生き方をすればいいのだと。


その生き方ってやつが正直まだ見つけられずにいる私が言うのも可笑しな話なのですけれど(苦笑)、西沢さんの音楽はスピを幸せ気分にするものを与えてくれています。
そうゆうことが出来る人ってやっぱり素敵だと思います☆
by: スピ | 2008/09/28 15:37 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/09/28 00:43 | URL [編集] | page top↑
# 誰もが『普通』
さっちんの言葉はいつも奥深い。
分かるような気がするし、自分自身がふと忘れていたコトを思い出させてくれるかのようにココに書いてくれる。
それが私にとって、自分を見つめ直す瞬間でもある。

人は、口々に『普通とは何か??』なんて言うけど、それは人それぞれだと思う。
まさに『十人十色』の『普通』が存在すると思う。
ちょっと違うけど、私は最近よく『オレは男だから・・・』とか『私は女だから・・・』と言って強がったり、我慢したりする人がいるけど、私は違うと思ってる。
世の中には、たまたま『男』と『女』しか存在しない。
その中で、たまたま その人は『男』として生まれ、その子は『女』として生まれた。
でも、根底には忘れてはいけない『人間』として生まれてきたコトを忘れている。
皆、同じ人間であって何も変わらない。

本当は、皆『普通』なのに自分と考えが違ったり、少々体の作りが違うからと言って差をつけようとする。その考えを否定もする。
だから、戦争が起きるのかも・・・!?今、ふとそんなコトを思った。
どうしても人間は自分の物差しで全てを見てしまう。
それはいけないコトではない。
でも、その物差しだけで全てを判断してしまうから世の中が変わってくる。

言いたいコトが上手く書けないけど、一番根底にある部分を皆 忘れているような気がする。
『普通』が何かなんて考えなくて良いように思う。
皆が根底に持っているものが『普通』なんじゃないかな!?
このコトについて討論したら、何時間・何百時間と時間は必要になるだろう。
死ぬ間際まできっとはっきりした答えなんか見つからない。
な~んてね(笑)

『普通』に生きる難しさや葛藤を知らない人はいないと思う。
ただ、それをそう感じていないだけで知らない人はいない。
後で気が付く『勇気を出して踏み出した一歩』時のように・・・。
by: ilma | 2008/09/27 21:08 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://nishizawasatoshi.blog70.fc2.com/tb.php/67-4455a448
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。