スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

沈黙は雄弁に語る。

For+BLOG1_convert_20090205005859.jpg
旧友と久しぶりにお酒を飲んだ。
月のキレイな夜だった。

ジャック・ダニエルが氷を溶かし、
僕らは沈黙という名の言葉を交わす。

帰り道。
オリオン座からこぼれる光を、
両手いっぱいに受け止める。

どうして僕は、
悲しみに敏感なのだろう。
どうして僕は、
喜びに鈍感なのだろう。

...そんな事をふと考える。

夜の静寂が、
足下から優しく街を包み込む。

沈黙は雄弁に語る。
月のキレイな夜だった。
スポンサーサイト
01:01 | my routine life | comments (11) | trackbacks (0) | page top↑
追憶。 | top | point at infinity.

コメント

#
何も言わなくていい
何かをいう必要がない

・・そんな人がいて、よかったなって思います。
by: たれふぃ | 2009/02/09 22:43 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/02/08 01:13 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/02/07 12:36 | URL [編集] | page top↑
#
よかったです
by: # | 2009/02/07 00:47 | URL [編集] | page top↑
#
↑ゆいさんがおっしゃられるように、優しいからです。
スピは悲しみに鈍感だから、言われないと気づかないことでいっぱいです。
本当のところで自分は優しくない人間なんだな、といつも思います。

でも悲しみって、一面をみたら悲しいけれど、違う角度からみたら哀しくないことが殆どでないですか?

スピは悲しみを抱えるより、喜びで自分を満たしたです。
どんな最悪なことにも、どこかに笑いだったり希望だったりってあると思うんですよね。
そうゆうこと風に考えると楽しいし、楽デスよ(*´∀`*)
by: スピ | 2009/02/06 14:14 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/02/05 21:43 | URL [編集] | page top↑
# 『鈍感』ではなくて『鈍感になった』
私もそう、傷つきたくないから…。
人からだけじゃなく、良いコトや嬉しかったコトから傷つきたくないから…。
それを未然に防ぎたいが為に感じないようにしている。
人からは『考えすぎ』とか『思い込みすぎ』と言われるけど、そうでもしないと心がまた壊れそうな気がするから怖い。
一度 壊れた心は、素直に喜びや嬉しさを感じられない。
by: ilma | 2009/02/05 17:01 | URL [編集] | page top↑
#
身近すぎて自分でも気がつかない
事っていっぱいありますよねv-22
嫌な事から、いつも逃げる事ばっか考えちゃうのですが
悲しみもいっぱい経験すると そこから見えるものが
きっとあるはずですよねe-267
私最近凹んでばっかでしたが
ちょっと気持ち切り替えようと思いました
by: うたたね | 2009/02/05 14:41 | URL [編集] | page top↑
# とても優しい人だから…
だから悲しみに敏感なんだと思いますよ?
喜びに鈍感だと思うのなら、これからどんどん喜びを感じていければいいと思います(^^)
月の光を浴びて心をリフレッシュできるといいですね
by: ゆい | 2009/02/05 12:40 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/02/05 11:57 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/02/05 10:45 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://nishizawasatoshi.blog70.fc2.com/tb.php/82-cf4b2a24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。